スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美ヘブントリップ(3)

記事の更新が遅れております。

奄美シーカヤックマラソン当日編です。


全体のコースは、こんな感じ



朝9時、いよいよスタートです。

古仁屋港から出て行くところ。


7512453354_26e519d138.jpg

う~ん、緊張してきました~


フルに参加の人が先で、ハーフの人が後のスタート。

急いで漕いでも、つづかないので、

とりあえず、落ち着いて、ゆっくり行こう、

と思っていました。

しかし、300艇がいっせいにスタートすると、波のうねりが半端ないです。

大きな大会でないと、こんな経験も、あまりできませんね~


スタートして、しばらくは、

えっちら、おっちら、


ぎこちないリズムの漕ぎで、ごく低速ですすみまして、

7512646222_54b56e8044.jpg

なんとか加計呂麻島のはじめのチェックポイント(渡連)に到着。

体力がないので、もはやバテバテ。

お茶を飲んで、日陰でじっくりと休みます。

7512630020_c1fe26edbc.jpg

休みます。。。

7512625452_e4e7f94761.jpg

と言ってる間に、

7512633972_d9f478e1a1.jpg

まわりに人が少なくなっていました。


休みすぎ~


気付いたら、フル参加のオレンジのゼッケンより、

後から出発したハーフ参加のブルーのゼッケンにかこまれておりました。


まずい!

これは遅れすぎているのでは?


まあ、いまさら速く漕げるわけでもなく、

ひらきなおって、

当初の目標通り(?)

めざすは完漕だ~!


ということで、自分のペースで漕ぐことに専念。

なにか音楽でも口ずさんでいこうかと思って、

なぜか?浮かんだのは、、、、

「ムーンリバー」????


「ムーン」で左漕ぎ

「リバ~」で右漕ぎ

なぜか、わけのわからない、自分なりのリズムで、

漕ぎ続けました。

7512667954_4b187f93ec.jpg

海の色がきれいだ~

来てよかった~

しかし、暑い!



加計呂麻島の湾に入るコースでは、

風がやんで、波がないので、

きれいで漕ぎやすいのですが、


もはやツーリングペース(それ以下かも?



途中、休憩所で、小学生に冷たい水をかけてもらったり、

黒糖をもらったりしながら、徐々にすすみます。


はっと気づいて、

最後のチェックポイントの時間制限は?

結構、ちかづいてきてるな~(汗


「ここまできて足切りは、いやだ~」



と、がんばってこぐが、

大島海峡をわたる部分の波は、けっこうきつい

7512685860_83f768b32b.jpg


なんとか制限時間内で、

最後のチェックポイント(俵小島)に到着して、

休憩してから、


最後のスパート



古仁屋港のゴールにむかいます。

まわりには、一人艇(1)、二人艇(1)がいるのみ、

汐と追い風にのって、すすみます。


ゴール!!

あ~つかれた~


7512698406_474fd38527.jpg


ボランティアの人が、

さっさと船を運んでくれて、

水までかけて、

所定の場所にしまってくれます(感謝!)



とりあえず、完漕!なんとか、完漕!


6時間もかかってしまった。(一番長い時間楽しんだ?)


まさに、ビリ!


体力のなさを痛感しました。


まあ~ゆっくりでも、漕ぎきれたから、


初心者としては、目標は達成だ!(と強がっておきましょう)


20周年のビリはわたしだ!



と、後々まで笑い話の「ネタ」にできるかどうかは、

今後の修行にかかっているでしょう。

いつまでたってもビリだと笑えない~(泣


ちなみに、

O瀬さんはファルト部門2位でした。

7512722688_600fb0912e.jpg

後夜祭で記念の楯をもって、吠えるの図。

(1位をねらっていたので、悔しそうでした)



次回は、「めざせ!無人島」です。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - NAOZO - 2012年07月20日 16:54:23

ちくしょ~!! 俺も心底行きたかったぞぉ~!! (TдT)

しかし、文章にすればすんなりっぽいけど、実際は色々な葛藤の末のゴールだったんでしょうな^^
でも、30キロ以上を1DAYで漕ぎ切るってのは、なかなか出来る事ではないので、いい経験になったでしょう♪

次はお盆の若狭28キロをご一緒しましょうか♪

・・・っていうか、俺そんなにこげるのかな? (;´Д`)

めげそうになった時も - kensei_kobe - 2012年07月20日 17:26:22

途中のコースがカットされ、30キロほどに短縮されたとはいえ、

やっぱり、長かったです。

途中、本当に着くのかな?とめげそうになった時も、、、

なにも目標がなく、一人では、まだ漕ぎきれない距離でしょうね~

だいたい、4月から、琵琶湖でカサラノデー講習と若狭を一日、

海をまともに漕いだのがはじめてぐらいかな?

波に慣れるまで、ちょっと不安感もありました。

まあ~、結構な波でも、

コースタルクルーザーは、

絶大な安心感のある艇という確信は得られました。

こういう島わたり的な使い方が正しい使い方でしょう!(きっぱり)

ヘロンもね~

- えむ - 2012年07月20日 17:44:01

南の海でなぜムーンリバー?
マイペースですな~

それが完漕の秘訣ですか。。。

なぜでしょう? - kensei_kobe - 2012年07月20日 17:56:10

わたしも、なぜ「ムーンリバー」なのか、わからないんです。

砂の砂漠と、海が、連想でつながっているのか??

昔、林道でゆっくり走るペースのときも、口ずさんでいたことがありました。

冷静に、落ち着くリズムなのかもしれません。

あっ、コメント、ありがとうございます。

トラックバック

URL :

プロフィール

kenseikobe

Author:kenseikobe
welcom!
kensei-photo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。