スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美ヘブントリップ(5)

いよいよ今日は、無人島に向かいます。

キャンプ地を撤収、出発して海岸線近くをまわると、

加計呂麻島の「実久(さねく)」という集落の海岸へ。

この海岸の海の色が

IMG_1340


半端なくきれいなブルー


集落でトイレと休憩、食事もすることに。

集落で唯一の店のおばちゃん、

突然あらわれた大量の客に

てんやわんや〜(笑

そして、ビールや氷を仕入れ、

無人島=江仁屋離(えにやばなれ)へ。

上陸するときは、波が高いので、先に上陸した人たちが、

1艇づつ誘導してくれました。


到着後は、まったりモード!

20120703165241

タープの影で、

ビールをぐびり!


最高です!


この日も小雀ちゅんちゅんさんのおいしい料理をいただき、

ジュンさんが銛でついた魚の刺身などもいただき、

景色をながめながら、ゆったりとした時間をすごしました。



次の日もいい天気


朝日がまぶしい。

IMG_1372


ここからは、外洋近くをこぐ、無人島ツアーの本番ですが、

わたしは、5日の飛行機で帰らなくてはならないので、

今日の朝、O瀬さんに、昨日寄った実久の海岸まで送っていただいて、

みなさんとお別れ(泣


また来るぞ~


との思いで、帰り支度をしました。

バス停近くで、撤収の図。

IMG_1381

IMG_1383

バスにゆられ、うとうとして、

古仁屋行きの定期船乗り場に。

バスの運転手さんが、カヤックを運ぶのを手伝ってくれました。

ありがとうございました。


ちなみに、同じ船にヨネスケさん(となりの晩御飯)が乗っていました。

そして、

古仁屋に帰って、船着き場の「海の駅」の売店で、

クロネコにあずけて、自宅へ郵送。

(これが、ファルトのカヤックの便利なところ!)


さらに、古仁屋で一泊して、次の日の昼の飛行機で、伊丹空港へ。




まさに「ヘブントリップ」でしたが、

最後まで一行にごいっしょできず、

残念な気持ちもあり、

いつか、加計呂麻島一周するぞ~


(ただし、のんびりとね)

と決意した2012年の初夏でした。


 下の写真をクリックすると、lightboxが開きます
↓↓↓↓↓↓








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenseikobe

Author:kenseikobe
welcom!
kensei-photo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。